台風15号

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 21:08

 

このたびの台風被害に際し、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

私にとって今回の台風による停電により、

 

普段の生活がどれほど守られた中で生活していたかを

 

実感する結果となりました。

 

 

今まで日本各地で起きていたいろいろな災害の時に

 

被災者の方々の気持ちを考えてきたつもりでしたが

 

『つもり』だったのだと痛感しています。

 

 

今回は『停電』という事にこれだけ生活が変化してしまうことになり

 

電気の便利さ、水のありがたさ、生活をささえている様々なシステムが

 

どれほど快適な生活を支えてくれていたかを本当の意味で教えられたと思います。

 

 

それにしても『台風の夜』は、恐ろしかったです。

 

築年数は30年以上は経過している自宅のガラスが内側に湾曲し、家が揺れて、

 

近隣のお宅のソーラーの装置がぶら下がりこちらに飛んできそうな状態。

 

ピカッと閃光が見えたと思ったら周辺が真っ暗になり、

 

風雨の音だけになり、恐怖心はピークになりました。

 

強風が家の中に入ったら天井が飛んでしまうのではないか・・・

 

大きなものが飛んできて建物を直撃しないか・・・

 

このような状況は、現場でも起きているのではないか・・・

 

 

いろいろな不安材料が頭に浮かんでしまいました。

 

 

 

一晩で・・・しかも数時間で・・・

 

街の中も一変しました。

 

街路樹が倒れ、信号が消え・・・

 

散乱する看板の破片、道路を走る車には打ちつけた木の葉や砂がついていました。

 

高速道路は県内のほとんどが通行止めになり、

 

渋滞が起きて救急車があちこちでサイレンを鳴らしていました。

 

ガソリンスタンドには行列ができ、コンビニエンスストアには品物が無くなり

 

明かりの消えたコンビニをこんなに沢山見たのは初めてでした。

 

 

毎日、車に乗り、道路を走り、

 

食事をして、携帯電話を使い、シャワーを浴びたり、テレビを見たり・・・

 

大抵のことが賄える日常。

 

これらを当然のように行いながら過ごしている毎日を

 

改めて『とても恵まれた事』だと考えなおしました。

 

普段は日々のお仕事や生活に流されて

 

『ありがたい事』を感じづらく忘れかけているのは

 

人として貧しい気がしてきました。

 

 

毎日・・・とは言えなくとも時折、今回のことも含め

 

自分の廻りに目を向けて、どのような事柄でもたくさんの人たちの力で

 

色々なことが成り立っているという事に感謝できる人でありたいと思いました。

 

 

昨日、関西電力とかかれた大阪ナンバーの作業車を見かけました。

 

他県からの応援もありがたいと思いました。

 

すでに頑張ってくださっている電力会社さんにもうひと頑張りお願いして・・

 

電気の回復を期待します!

 

 

 

 

   ( 市原市 台風15号 )   mitsu

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM